スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

今度はホントに衝突事故

この間アパートの目の前で、なんちゃって衝突事故があったかと思ったら、今度は本当にフリーウェイで後ろから突っ込まれた。

友人宅からの帰り道。
Costcoに寄り、冷凍海老などを買い込み、今日はエビチリにしようかな~とルンルン考えながらのフリーウェイ走行中に突っ込まれた。

そこはフリーウェイが分岐する辺りなので車線が6、7車線に増えていて、あっち側車線に行きたい車、こっち側車線に行きたい車達が重なって、中央の車線だけ妙にごった返していた。
皆、減速。
私も前に習え、で減速。

減速する時は常にバックミラーで後ろを見る癖が付いている。
後方の車が減速しきれずに突っ込んでこられたらイヤなので。
(まー、突っ込んでくるのが見えるのもイヤだけど、よけられる場合はよけられるし、よけられない場合でも覚悟は出来るし。)
でもその時は後方には車は見えなかった。(かなり後ろには見えたけど)
ひとまず安心・・・。

と、思った矢先にドッカン
ってことは、かなり後方にいた、あの車がかなりのスピードを出していたに違いない。

結構な衝撃だったから、酷くグッシャリ潰れたんだろうな・・・。
あ~あ・・・友達から譲り受けた大切な愛車が・・・。
後ろを見ると、ぶつかってきた車の左前方はグッシャリ。

やっぱり・・・。
こっちはあそこまで酷くは無いだろうけど、かなりのダメージは覚悟しておかないと。
運転手は外に出て車の状態を確認してる。
本人自身は何ともなさそうで良かった。
あーホントに事故は怖い怖い。

あーあぁ・・・。
これから路肩に寄って、警察呼んで事情聴取・・・、車がちゃんと動くこと確認して・・・、またレッカー車のお世話になるの嫌だなぁー。
(過去に事故1回、車の故障2回・・・で3回レッカー車の兄さんの横に乗って車と一緒に送ってもらった。)

ふと、大切な事を思い出す・・・。
かんべんしてよ~。冷凍食品が溶けちゃうじゃない。

主婦の悲しきサガかな。
ま、そんな事を心配できるくらいの事故でよかった。

ヘロヘロと路肩まで運転。
(路肩まで、皆がブンブン飛ばし走ってる4車線を渡らなければいけない。結構怖い。ここで事故に遭ったら笑い話にもならない。)

降りて車を見たら、グシャっではなく、クシャ、くらいだった。
流石のCR-Vちゃん、頑丈である。
しかも後ろにつけてある予備タイヤがまたクッションになってくれたような・・・?
有り難たや、有り難たや。

路肩に着いて少し落ち着いたら、今度は相手が保険に入っているか心配になってきた。
(相手が保険に入っていなくて、個人に支払い能力が無い場合は当てられた方が自分の保険を使うしかない、という例をいくつも聞いていたし。)

ぶつかってきた車も路肩に辿り付き、こちらの様子を伺いに来た。
大学生くらいの男の子。
彼は、ナゼぶつかったかを説明しようとしていたが、そこはブウ~ォンブウォンと車が走り抜けるフリーウェイの路肩。
「止まろうととしたら・・」ブウォ~ン「隣の車線に・・・」ブウォ~ン「ブレーキを・・・」ブウォ~ン

・・・何を言ってるか分からない。

聞き返すと、あの車線の車達が止まり始めたのが見えたから避けようと思ったけど、横の斜線には後ろから車が接近していて入る余地はなくて・・・。ということだった。
まぁ、ごくシンプルな衝突。そうだとは思っていたよ。
でもケイタイで話して不注意になったりしてなかったかい?

そして最後に一言チラッと「急ブレーキかけるの嫌いだから」と。

ナニ!?

事故起こしそうな時くらい急ブレーキかけなさい。
かけないと前の車に突っ込むでしょ。

私達はお互いの情報を交換し合い、ハイウェイパトロールに来てもらって、事情聴取。
取り合えず、彼はちゃんと保険に入っていたので修理はしてもらえるはず。
ホッ。

今度は心配なのは鞭打ち。
牽引車の兄さんもハイウェイパトロール兄さんも「大丈夫?何処か傷めてない?救急車呼ぶ?」と聞いてくれたが、救急車はとんでもないです。
(アメリカは救急車を呼ぶと大金を請求されてしまうんで・・・。
もしも相手側がその分までは払わない場合、こっち持ちになったらたまったもんじゃない。)
頭も首も肩も腰も痛いけど、取り合えず自分で病院行きます。保険会社にもそういいます。ハイ。

ハイウェイパトロール兄さんによると、この日は事故が多かったらしい。
ずーっと雨降りだったから、天気がよくなって、みんな浮かれて走ってるのかも。

「君達のは理由もちゃんと分かってる、至ってシンプルな事故だね、ハッハッハ。
しっかり情報交換した?運転できる?あなたは車が動くなら帰っていいよ。」とあっさり。

廃車かも・・・と言っていた衝突してきた兄ちゃんにも、「大丈夫、大丈夫。これなら直る。」とあっさりしたもんだ。

確かにややこしい口論になる事故じゃなくて良かった。
お兄ちゃん、これに学んでスピード出しすぎには注意しましょう。

この事故での私の教訓・・・

教訓1
合流や分岐点ではなるべく中央の車線を走らないようにする。

教訓2
トイレには行ける時に行っておく。

運転中は何が起こるか分からないからね。
今回、買い物終わった頃からトイレに行きたかったのに、面倒だったから
「いいや~家まで我慢しちゃえ」と思ったのであった。
体も痛かったけど、トイレに暫く行けなかったのも辛かった・・・。

事故が起こるということも自分にとって何か意味があるんだろうなー。
何かが変化するのかな?
この事故で何を学ぶんだろう。
(トイレは行ける時に行け、って?
それじゃ嫌だ。)
2006-04-18(Tue)
 

衝突事故?でもなんか変

二人で車で出掛けた時のこと。
いつものようにアパートの車庫のドアを開け、いつものようにタツは後方と左右を確認しながらバックで出た。

・・と、突然「ドン」と軽い音と振動がして車が止まった。

ん・・・? 何か踏んだ? 
ぶつかった? 
何、何?
不思議に思い後ろを見ると、真後ろにトラックが止まっている。
一瞬前まで何もいなかったのに?

何が起こってるかよく見えない・・・が、どうやらトラックのわき腹に私達の車の
オシリが当たっているようだ。

え、事故?アパートの目の前でー?

一秒前まで後方確認しながらバックしていて、一瞬、左右の確認をしただけなのに、何で突然ここにトラックがいるんだ?
どっから湧いて出てきたんだ?
・・・ワカラン。

運転をしていたタツにも何が起こったのかよく分からないようだった。
焦ったタツが車を降りて、トラックの運転手に
「どうなってんだ?何してるんだ?」と問いかける。
(後から聞いた話、何がどうなってるんだか分からないから、
とりあえず強気に出たらしい。)

すると、そのドライバー笑いながら
Sorry! I forgot.」。

・・・。
忘れた?

・・・で、何を?
どうも意味不明のセリフである。

どうやら、そのドライバーはアパートの車庫の入り口のちょっと手前に路上駐車していて、こちらが車庫から出てくるのが分かっていたのに、何故か同時にバックしてうちのドライブウェイをふさいでしまったらしい。

その瞬間にトラックのわき腹とうちの車のお尻が接触したのだ。

そのトラックの前に路上駐車している車は無く、バックしなくてもそのまま前進するだけで走り出せたのに、何故かバックしてきたのだ・・・。

幸い、うちの車(SUV)の後ろには予備タイヤがくっ付いているので、そのタイヤがクッションになってどちらの車もかすり傷一つ無し。
車庫から出る時だったからノロノロとバックしていただけだし。

そのドライバーも「I'm ok if you are ok.」と言っていたので、そのままサヨナラ。

でも、そのドライバーが私達より一瞬でも遅くバックし始めていたら、反対にそのトラックのお尻がうちの車の脇っ腹に突っ込んできていたんだ。

そしたらかなりダメージを受けていただろう・・・。
メリメリッって感じで。
その一瞬の差に感謝。

それにしても気になる運転手の「I forgot.」の一言。

何をし忘れたんだろう。

タツは“後方確認をするのを忘れた”んじゃないかと。

でも私は、あのドライバーがナゼだか(間違えてか)ギアーをバックに入れていて、後ろ斜めを見たらうちの車が車庫から出てくるのが見えたから、ぶつからないように前に進まないと!と思ったのに慌てて“ギアーを入れ変え忘れたまま走り出してしまった”のではないか、と分析する。
(私がしそうなことだから。)

ドライバーが去ってしまった今となっては永遠の謎になってしまったが、他の車とぶつかって開口一言「I forgot
とは珍しい。 笑える。

タツはタツで、その時はぶつかったことに気づかず、「なんだよー、これ以上バックできね~よ~」と思ったらしい。
幸せなヤツである。
(その直後は汗をかきまくっていたけど)

なんとも笑える接触事故だった。
あの運転手も笑い話にしていることは間違いない。
2006-04-02(Sun)
 

父の誕生日

今日は亡くなった父の誕生日。
倹約家だった父はいつも高価なプレゼントは嫌がっていたので、家族は父の好きなお菓子類をプレゼントしていたものだ。
今年も私はチョコレートをプレゼント。
日本と約1日の時差があるので昨晩のうちに母に電話。

私:「今日お父さんの誕生日だね。」
母:「そうだね。チョコレート有り難う。今お父さんにお供えしてるからね。後で一緒に戴くね。」

昨日、兄が同じようにチョコレートを持ってやってきた、と言う話から始まりどんどん他の話にそれ、いつものように長話し。
そして40分程経った頃・・・。

母:「また長くなっちゃった。それで、何の用だっけ?」
私:「え?あ、その、ほら・・・。(意表を突かれてどもる) 今日はお父さんの誕生日だから。」
母:「あ、それでだったね。有り難う。お父さんと話す?ほら、いま受話器をお位牌に向けるからね。」
私:「え?あ、ちょっと。えっと・・・。(更に意表をつかれる)
お父さん、お誕生日おめでとう!えーっと・・・(受話器が位牌だけに向けられている様子を想像すると何だか照れる。)チョコレートがいっぱいでよかったね。それから・・」
母:「終わった?」
(終わってないっ。)

茶目っ気のある母のテンポにすっかり戸惑いながら、思わず笑いが出る。
一人で父の事を考えているとまだまだ涙が溢れてくるけど、父の話をして笑えるようになった・・・と、少し進歩を感じた。

ある日本の旅行会社に日本への往復チケットの問い合わせをしたら、返事をくれた担当の人が父と同じ名だった。(父の名はよくある名前ではない。・・たぶん。)
父の誕生日に父と同じ名前の人から連絡をもらうなんて何だか不思議。
2006-01-09(Mon)
 

やっぱり雨漏り!

今日も朝から天気が悪くて外が暗い。低気圧に襲われているとどうも心身共に反応がボケるらしくて起きずらい。

グズグズしていたら珍しくTatsuが先に起き、数秒後、キッチ
ンでわめいている。
煩いな~・・・。

Tatsu:「起きなよ!大変なことになってるよ。
私:「(ベッドから出ず)ふ~ん・・・。な~に~?」(狭いアパートだからベッドルーム&キッチン間で話せる)
Tatsu:「自分で見てみなよ

シブシブ起きてみるとキッチンは雨漏りでビショビショになっていた(・・・らしい。私が見た時は既にほとんど拭かれていたけど(^^*ゞ)。

天井から水がポタポタしたたってる。
とうとうまた雨漏りし始めたか~・・・。

数年前にベッドルームが大洪水になり、アパートの屋根全体を修復したはずなのに。もつのは数年かい。
(その年カリフォルニアはエルニーニョ現象に襲われ、一年中(と言っていい程)雨が降り続け、晴れないと屋根修理できないとのことで半年待った。)

web_leaking_s.jpg天井の木と表面に塗ったペンキの間に水が溜まっているらしく、水の重さで表面がダランと下にたゆんでいる。(写真じゃちょっと分かりにくいけど写真をクリックしてみてください。)

でもキッチンは床がビニールタイル(リノリウム?)だから掃除も楽だしあまり焦らない。ついでに床磨きにもなったし。

Tatsuが「漏ってるのがコンピューターの上でなくて良かったよ~。」と言って私も初めて焦る。
今、うちのリビングルームにはコンピュータがラップトップを含めると6台程(売り物にしようとしてる訳じゃないんだけど)、モニター数台、スキャナー2台etc…が所狭しと並んでいる。
これが濡れたら流石に笑っていられない。(^_^;)
web_leaking_2s.jpg今はキッチンだけで済んでるけど、いつまた何処が雨漏りするか分かったもんじゃない。

コンピューター類の上にビニールシートでも被せておくか・・・。
取り合えずバケツを数箇所に置き、下の階に住んでいる管理人に見てもらった。

web_leaking_3s.jpg部屋の外からも中からもポタポタ聞こえて合唱してるみたいだー。
いつになるかは保障できないけど取り合えず直ぐに修理の連絡をしておくよ、取り合えずバスタオルでも天井に張っておくといいんじゃない?との管理人のアドバイス。

バスタオルを天井に・・・ねぇ。確かにポタポタ垂れなくていいかも。

いつも来てくれる修理屋さんはいい人ですぐに修理にも来てくれるけど、まー、まだ雨が続くし、すぐに屋根を直せないだろう。

再び管理人のアドバイス。
アチコチから漏れないように、水が溜まっている部分の一箇所に穴を開けて確実にそこからジャ~ッと水が垂れるようにしたらどうかと。
でも穴を開けた瞬間にドバーッと流れてきたら嫌だしなぁ・・・。

まだまだ数ヶ月(?)雨季は続くのに先が思いやられる。
2005-12-23(Fri)
 

産まれた!

赤ちゃんが産まれた!

昨日の昼前、陣痛が始まりあの嵐の中を病院へと向かったらしい。
彼女の鍼の先生でもあるYさんから「産まれた」と3時頃に連絡を戴いた。

朝、ちょうど彼女の夢を見て起きたら「もう産まれる」との電話。テレパシーだ。

でも、Yさんの旦那さまの夢はもっともーっと凄かった。
「今日、11時25分に産まれる」という夢を見たそうで、その辺りの時間に病院に向かっていたらしい。
そして、病院について2時間半ほどで産まれたと。

結局“出産日当ての賭け”は新パパが勝った。
申し合わせたか、さすがに血の繋がりは強い。
生まれたての赤ちゃん、早速初の(?)親孝行だね。
私も新ママのお腹に「15日に出ておいで~」ってこっそり呼びかけてたんだけどねぇ。

Yさんと一緒に病院に彼女に会いに行ったら、産んでからまだ一日も経ってないとは思えない程に元気な彼女。
初産だけど落ち着いてるし。
手足は長く、顔立ちもはっきりした可愛い~女の子。
写真を載せたいけど、あまりにも可愛いくて誘拐されたら困るから我慢。

その時看護婦さんが新ママにランチを運んできて、突然Yさんが「あれ?」と看護婦さんに声をかけた。
なんと、知り合いだと!

この病院で働いているとは知らなかったそうだ。
それにしても、ロビーや廊下で会うならまだしも、部屋の中で会うとは。

ゲスト用ランチは含まれてるから、好きなものを頼んじゃいなさいな、と勧めてくれ、突然のお祝いランチパーティーとなった。
しかもゲスト用は一人分しか頼めないのに、もう一品「今作らせた」と持ってきてくださった。
帰る時には廊下で、お土産、とクッキーに* Peet's の美味しいコーヒーまで戴いた。
彼女はここの料理は美味しいし、午後はクッキーとPeet’sのコーヒーが出るし、極楽よ~と仰っていた。

本当に、病院にしては珍しく(?)料理が美味しい。
妊娠したらこの病院がいいかも。

元気に産まれてくれて良かった♪すくすくと元気いっぱいに育ちますように。

* Peet's Coffee and Tea: Alfred Peet という人が1966年にかCaliforniaの Berkeleyで始めたコーヒーショップチェーン。ライバルの(?)Starbucksと同じく、SFベイエリアに沢山店舗を出している。私の周りではStarbucksよりも大分人気がある。
2005-12-19(Mon)
 

ベィビーシャワー

今日はベィビーシャワー。

産まれてくるのは女の子なので勿論テーマカラーはベイビーピンク。

白で統一された部屋が数時間ピンクのテーブルクロス、風船、バラ、飾り、ナプキン・・・と淡いピンクに染まった。

集まる皆の仕事の関係で夕食時になったけど、持ち寄りの食事とワインでゆっくりとした楽しいパーティー。
Tatsuも得意の生パスタを作り、ソースはシャワー主役のMother-to-be(ママになる人)が作ってくれていたイタリア風ミートソース。
(彼女は仕事柄、イタリアへの出張も多くてソースも本場じこみ。)生パスタとの相性はばっちり!

料理はどれも美味しかった~。
食べ切れないほどのご馳走。
たらふくいただいて苦しくてついつい仰け反ってしまう・・・。

お腹の中の赤ちゃんが出てくる予定日は12月15日。
でも、子宮口が少し開いているからもうすぐ出てくるかも・・・、との事で、早速皆で「産まれる日」を予測して賭け。

もう産まれるかも・・・とは聞きながらも、私の周りでは予定日近くに産まれている律儀な子達が結構いるので私は15日にしてみた。
とにかく元気で産まれてきてね。
2005-12-02(Fri)
 

暫しのお別れ

友人Tさんが日本に帰国されるので今日はお別れ会。

皆の寂しい気持ちが反映したかのような雨模様だった。

Tさんはお菓子作りの名人で、いつも気持ちのこもった美味し~いお菓子で私達皆をとろけさせてくれていた。

私にとってはお菓子作りの師匠でもあって、もう一人友達と一緒に数回、週末にお菓作りを習いに行った。

3人のスケジュールがなかなか合わず、毎月というわけにはいかなかったけど、待ち遠しい楽しいイベントだった。

いつもまずはおしゃべりから始まり、それじゃ~そろそろ・・・と真面目にお菓子作り(当然おしゃべりはストップしない)。

そしてオーブンで焼いている間はTさんが作ってくれたお菓子を戴きながらひたすら話し続ける。

週末はいつも必要以上にドタバタと走り回っている私には珍しく、ゆったりとした優雅なひと時だった。

仲良くなった友達が離れて行ってしまうのはやっぱり凄く寂しいけど、Tさんと私の実家は偶然にも驚くほど近いから、私が帰国する時はすぐに会えるだろう。

アメリカで知り合ったけど、実家同士が1~2Km位しか離れていないなんて、このご縁を大切にしたい。
日本に戻られてからもお元気で!
2005-12-01(Thu)
 
プロフィール

HK

Author:HK
夫婦二人のサンフランシスコ生活にピリオドを打ち、郊外に移住。
ようやく授かった第一子レオ(Leo)との忙しい日々の記録。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。