スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

Spare the air day

週末のレイクタホでの結婚式は面白かった!
この報告はまた後ほど・・・。(と言ってなかなかアップしないことも多いけど)

今日は先週の木曜・金曜に続きベイエリアの“Spare the air day”。
最終日。

Spare the air dayというのは簡単に言うと「排気ガスを撒き散らしてばっかりいないでさー、たまには通勤/通学にバスとか電車とかの公共交通機関使ったり、自転車に乗ったりしてこの辺の空気を綺麗にしようじゃん。数日間バス・電車料金を特別にタダにしてあげるからさ。」という日。オゾン層問題もかかえていることだしね。
一部の路線を除いて乗り物がただ。

なるべく公共交通機関を利用したり、乗り合いをしたり、テレコミュートしたりしましょ、との呼びかけ。

それから、家で使う洗剤等も環境に優しいものを使おう、ガソリンを使う庭掃除の機械を使うのはまたの機会にしてね、もしもバーベキューをする予定なら自然の炭を使って点火液は使わないでね、とのこと。
暖炉も健康のためにもガスにすると良いのだとか。(ホント?)

朝のニュースでは、「今日はSpare the air dayですよ、公共交通機関を使うか、カープールをしましょう!」と語りかけるのだが、その直後の交通ニュースでは「○○と××でかなりの渋滞が見られます!」との報告・・・。
う~~ん・・・。
呼びかけの効果はあるのだろうか。

このキャンペーンが環境保護に役立っているのかとても興味深い。
この考えも、大いに呼びかけをしていることもとても良いことだと思う・・・けれど取り合えず3日間・・で効果はあるのだろうか?
(どうやら、資金が足りなくて取り合えず3日間しかできないらしい。)
勿論、全くないよりずっといい。
この呼びかけによって、実際に実行はできなくても、環境保護を意識するだろうし。

ちなみに、懺悔。
ごめんなさい。
私はいつもの通りに一人で車で通勤しました。
(タツは今職場も通勤時間も同じじゃないので)
近くにカープールできる人はいない。
公共交通機関を使えないわけではないけれど、バスを数回乗り換えて市の外れにある駅に行き、電車に乗り、駅からのシャトルバスを待ってオフィスに行かなければいけない・・・。
車通勤の3倍は時間がかかっちゃいます。
すみません、根性が足りなくて。

かなり無理がある・・・と思う人は沢山いるでしょう。
まず、もっと公共交通機関を充実させればいいんだけどな~と思うけど、それはもっと資金も時間も掛かるものね。

一緒に地球に優しい新種の特殊な車の紹介をしていたけど、バカ高
ちらっと「わん・みりおんだら~」と耳に入ってきた。
聞き間違いであって欲しい。

地球を綺麗にしよう、守ろう、と思うならもっと環境に優しいハイブリットカーをどんどん競争開発して、誰でも買えるくらい安くしてくれ!
・・・と思ってしまいます。
スポンサーサイト
2006-06-26(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント

 

ハイブリッドカーの夢遠し、、、
うちはバンなのでガス代の凄い事ったらないですよ。
泣きたくなるほど、だから排気ガス規制運動もわかるけど
ガス代安くなってってお願いしちゃう。
2006-06-26 23:22 |  | URL   [ 編集 ]

 

へー、アメリカ人は流石に意識が高いんだーって読み進んで、○×渋滞の文字を見て、どこも一緒かーと思いました。 言うは易し行うは難し・・・。
私も少しは意識を持ってはいますが、せいぜいマイ箸くらい。
STOP温暖化は何が一番効果的なんでしょう? もうすぐクーラーで温度の争奪戦。 男達よ少し暑さを我慢してくれと心底思います。 by:冷えすぎてつらい女
2006-06-26 23:29 | いるか | URL   [ 編集 ]

 

私プリウスがもどってきたんだけれど、一週間代車のレンタカーに比べてやっぱりぜんぜんガスの消費が違うよ。今日もカープールレーンですいすい通勤だったよ!!! 
2006-06-27 08:49 | erika | URL   [ 編集 ]

 

やはりアメリカは車社会だからねえ、公共機関使うと不便なんだよね。無理とはいわないけど余計時間かかるしね。でも私も含め皆同じこと思うからなかなか問題は解消されないんだよね。これじゃあだめか。
2006-06-27 10:18 | R | URL   [ 編集 ]

 

大きいバンは本当にガソリンを食うから、今のガソリン代を考えると恐ろしい値段になってしまいますねー。
なるべく渋滞にも巻き込まれずに、スムースに走りたいものです。
うちの小さい車は燃費が良いほうだけれども、それでも一度に40ドル近くいくかな・・・。
2006-06-27 20:27 | Hisako K. | URL   [ 編集 ]

 

いるかさん、
アメリカが特に温暖化対策や環境保護等の意識が高いかというと、少々疑問に思います。どちらかというと日本の方が意識が高いかな、と思っていましたが、やはり意識の高さは人や地域に依る感じですね。
2006-06-28 01:26 | Hisako | URL   [ 編集 ]

 

えりか、
プリウスはやっぱり違うねぇ~。
あの発進の時の静けさには感心した!
環境保護に役立つ更に優れた車がどんどん市場に出るといいよね。
2006-06-28 01:42 | Hisako | URL   [ 編集 ]

 

R、
日本のように公共交通機関がもっと充実していたら本当に車通勤の人も減って環境にもいいんだけどねー。
でも、このだだっ広いアメリカで、交通機関を「便利」なまでに張り巡らすのはやっぱり無理があるんだろうね。
せめて会社が密集している地域だけでももっと充実するとかなり違うかも。
2006-06-28 01:47 | Hisako | URL   [ 編集 ]

 

私の日記にも書いたんだけど、ぜひ今上映中の映画 An Inconvenient Truthをタツさんと見てください。アメリカに住んでいる私たちには必見の映画よ。地球温暖化による環境破壊がいかに急速化しているかこわーいぐらいわかります。そして私たちが日常生活で(もちろん車も)どんな小さな工夫で環境破壊を変えていくことができるかも。
2006-06-28 01:59 | アンヌール | URL   [ 編集 ]

 

アンヌールさん、
この映画を見に行きたいです。
便利な生活の中で普段気が付かずに行っているかもしれない環境破壊、少しでも多くの人が認識できるようになると良いですね。
サイエンス系のテレビ番組でも環境破壊を訴えていますが、映画はもっと広範囲で人々に訴えかけられていいですよね。
2006-06-29 19:57 | Hisako K. | URL   [ 編集 ]

プロフィール

HK

Author:HK
夫婦二人のサンフランシスコ生活にピリオドを打ち、郊外に移住。
ようやく授かった第一子レオ(Leo)との忙しい日々の記録。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。