スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

衝突事故?でもなんか変

二人で車で出掛けた時のこと。
いつものようにアパートの車庫のドアを開け、いつものようにタツは後方と左右を確認しながらバックで出た。

・・と、突然「ドン」と軽い音と振動がして車が止まった。

ん・・・? 何か踏んだ? 
ぶつかった? 
何、何?
不思議に思い後ろを見ると、真後ろにトラックが止まっている。
一瞬前まで何もいなかったのに?

何が起こってるかよく見えない・・・が、どうやらトラックのわき腹に私達の車の
オシリが当たっているようだ。

え、事故?アパートの目の前でー?

一秒前まで後方確認しながらバックしていて、一瞬、左右の確認をしただけなのに、何で突然ここにトラックがいるんだ?
どっから湧いて出てきたんだ?
・・・ワカラン。

運転をしていたタツにも何が起こったのかよく分からないようだった。
焦ったタツが車を降りて、トラックの運転手に
「どうなってんだ?何してるんだ?」と問いかける。
(後から聞いた話、何がどうなってるんだか分からないから、
とりあえず強気に出たらしい。)

すると、そのドライバー笑いながら
Sorry! I forgot.」。

・・・。
忘れた?

・・・で、何を?
どうも意味不明のセリフである。

どうやら、そのドライバーはアパートの車庫の入り口のちょっと手前に路上駐車していて、こちらが車庫から出てくるのが分かっていたのに、何故か同時にバックしてうちのドライブウェイをふさいでしまったらしい。

その瞬間にトラックのわき腹とうちの車のお尻が接触したのだ。

そのトラックの前に路上駐車している車は無く、バックしなくてもそのまま前進するだけで走り出せたのに、何故かバックしてきたのだ・・・。

幸い、うちの車(SUV)の後ろには予備タイヤがくっ付いているので、そのタイヤがクッションになってどちらの車もかすり傷一つ無し。
車庫から出る時だったからノロノロとバックしていただけだし。

そのドライバーも「I'm ok if you are ok.」と言っていたので、そのままサヨナラ。

でも、そのドライバーが私達より一瞬でも遅くバックし始めていたら、反対にそのトラックのお尻がうちの車の脇っ腹に突っ込んできていたんだ。

そしたらかなりダメージを受けていただろう・・・。
メリメリッって感じで。
その一瞬の差に感謝。

それにしても気になる運転手の「I forgot.」の一言。

何をし忘れたんだろう。

タツは“後方確認をするのを忘れた”んじゃないかと。

でも私は、あのドライバーがナゼだか(間違えてか)ギアーをバックに入れていて、後ろ斜めを見たらうちの車が車庫から出てくるのが見えたから、ぶつからないように前に進まないと!と思ったのに慌てて“ギアーを入れ変え忘れたまま走り出してしまった”のではないか、と分析する。
(私がしそうなことだから。)

ドライバーが去ってしまった今となっては永遠の謎になってしまったが、他の車とぶつかって開口一言「I forgot
とは珍しい。 笑える。

タツはタツで、その時はぶつかったことに気づかず、「なんだよー、これ以上バックできね~よ~」と思ったらしい。
幸せなヤツである。
(その直後は汗をかきまくっていたけど)

なんとも笑える接触事故だった。
あの運転手も笑い話にしていることは間違いない。
スポンサーサイト
2006-04-02(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント

 

なんだか怪しいオッちゃん。頭がちょっとおかしいのかも。大事に至らなくて良かったね。
いやぁ、彩がご飯作ってくれるようになったら私は左団扇ですわぁ。そん時はご招待するからさ。そういえば、タツはどうして来ないのかと聞いていたなぁ・・・。
2006-04-13 22:06 | 恵 | URL   [ 編集 ]

 

彩ちゃん、あれだけお手伝いしたがりだから、すぐにまともに料理しはじめるかもね。
タツは週末なら一緒に遊びに行けるよ~。
2006-04-13 23:15 | hitaka | URL   [ 編集 ]

プロフィール

HK

Author:HK
夫婦二人のサンフランシスコ生活にピリオドを打ち、郊外に移住。
ようやく授かった第一子レオ(Leo)との忙しい日々の記録。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。