スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

除夜の鐘つき in サンフランシスコ?

サンフランシスコのAsian Art Museum にて除夜の鐘がつけると聞き、そりゃやってみたい!と、そこで働いている友人に詳細を尋ねる。
毎年、美術館の大広間で行われるそうだ。

11時にセレモニー開始。
夜11時に開始だから108回打った頃にちょうど新年を迎えるのか~。
・・・う~ん・・・情緒豊かだ。
と思いきや、開始は午前11時だと。
夜中にそんなイベントをやったら私達従業員も夜中まで働かなきゃいけないでしょ、と友人。そりゃそうだ。
web_Shakuhachi_1s.jpg

2階の大広間の奥に除夜の鐘が設置してあり、尺八の音で始まるセレモニー。

web_monk_1s.jpg


お坊様が除夜の鐘の説明をされ、お経を唱えられた。


web_monk_2s.jpg

そして鐘つき開始。





鐘は1回を6人でつくことになっていて、1番~108番までの整理券が発行されている。
私達8人組は3人が37番(1歳児のせー坊とパパママ)、5人が38番(私達こっち)。

web_bell_1s.jpg
友達が「さっきのグループ、まだつくつもりじゃなかったのにちょっと触っちゃって鳴ったからそれっきりオシマイだったよ。」と笑っている。

そうだ!
当然のことに今さら気づいたけど、
108回こっきりしか鳴らせないんだ。
108回分の整理券は全部配られてるからやり直しは出来ない!気をつけないと。
まさにワタシがやっちゃいそうなことじゃないか。

いよいよ私達のひとつ前、友達親子の番。
鳴らす瞬間に写真撮るからこっち見てね!」と言い終わる前に、

ごおぉぉぉぉぉぉぉん~~~!

鐘の音が鳴り響く・・・。んん???
1歳児のせー坊が鐘に近寄った瞬間にいきなり棒をどついていた。

・・・・・・・・。
いや~いい響きだ・・・。

なんて言ってる場合じゃない。皆が綱を持つ前のできごと。

一瞬皆、何が起こったか把握できずにいると、係りの人に「残念だけどこれでおしまい」、と誘導されている。
ひぇー。冗談で「気をつけないと」って言ってた矢先に・・・。

ウェイティングリストに加われば運がよければ鐘をつくチャンスがもらえるので、友人親子3人にもまだチャンスはある。
・・・が、あまりのショックにその余裕はナシ・・・。

その37番グループは知らない人達も3人加わるはずだった。
順番待ちをしていたその3人さんは当然だが怒っている。(-_-“)
彼らは並び直したくない・・ので次の順番の私達に加わることに。
3本の綱を8人で持ち、ゴォォ~ン。
ふむ。いい音だね。これで煩悩取り去れたかな?

さてさて、鐘つきを独り占めしたせー坊と言えば、オトナ達が呆然としてる中「ごぉぉ~ん♪」と言いながら無邪気に喜んでる。
ふふふ、愛しのせー坊。
キミが大人になっても毎年しつこ~く この話をしてあげるからね(^-^)V。
証拠写真が無いのが残念。
スポンサーサイト
2005-12-31(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント

 

とっても時期的に間抜けたコメントになりますが、あまりにも楽しいというか悲喜こもごも劇に笑わずにはおれない始末。
年は既に明けておりますが、2006年の初コメントとしてさせていただきました。 今後の日記も楽しみです。
2006-01-05 21:41 | いるか | URL   [ 編集 ]

 

いるかさん、

コメント有り難うございます!
子供って本当に無邪気に笑いを送ってくれますよね♪
「大変!」って思うことも、後で思えば笑い話。

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
2006年がいるかさんにとって良い年となりますように。
2006-01-05 22:36 | hitaka | URL   [ 編集 ]

プロフィール

HK

Author:HK
夫婦二人のサンフランシスコ生活にピリオドを打ち、郊外に移住。
ようやく授かった第一子レオ(Leo)との忙しい日々の記録。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。