スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

フロリダ 11/24~11/30/05 <5日目:いるかinキーウエスト>

いよいよ、イルカと泳ぐ日だ~!!!
と、朝はよからテンション高し。

泊まっているマラソン島からキーウェストへ1時間半ほどドライブ、そこの港から野生イルカの棲息地に乗り合いの船で連れて行ってもらい、イルカ達と泳ぐという計画。

イルカは子供の頃から何となく好きだったけど、特に15年程前に日本の御蔵島で野生のイルカと泳いですっかり惚れた。

その後は船の近くに寄ってきて泳いでる彼らを見ることは多かったけど、一緒に泳ぐ機会はあまり無かった。

飼われているイルカ達との交流はカリフォルニアでも出来ないわけじゃない、(サンディエゴのシーワールドでもイルカと遊んだし)勿論飼われているイルカも可愛い。
・・けど、やっぱり野生のイルカ達と泳ぐのは例え難い感動がある。

今年こそ一緒に泳ぐぞ!と意気込んでから数ヶ月、ようやくその希望が叶うこの日!ワクワク、ソワソワ・・・。

気分も盛り上がり、「海のトリトン」の主題歌「♪水平線の終わりには、あああぁ~♪」をついつい歌い続けてた・・・ら歌が頭にこびり付いた。
(しかも全部覚えてないからその辺を繰り返すばっかりですっきりしない。)

やる気満々、疲れ果てるまで泳ぐ!と朝からステーキを食べてスタミナつけて気張ってた(ウソ、ウソ)・・・のだけど、簡単に結末を言ってしまうと、残念ながら今回は一緒に泳ぐことはできなかった。

web_Keys_dolphin_2s.jpg船の周りに数頭のいるか達が寄ってきて泳いでいたが、「数頭」くらいでは海に飛び込ませてもらえない。
もっとウヨウヨいないと駄目らしい。
(船から落ちたふりをして飛び込んじゃえ~い!と思うくらいウズウズしたけど、そんな事をしたら海に置き去りにされるかも。)

今までの経験では、イルカ達は船を見つけると
遊ぼうよ~~♪」と言わんばかりに寄って来ていたから、いつでも何処でもそういうもんだと思い込んでたけど今回は何故か寄って来ても船にびったりくっついている、という訳じゃない。

どちらかというと少し距離を置いている感じ。
何でだか不思議だったけど、船頭の兄ちゃんによると、今は出産の時期で赤ちゃんイルカが沢山いるから親達もちょっと敏感になっているのかも知れないとのことだった。

web_Keys_dolphin_1s.jpgなるほどねぇ、いくら人間好きといっても野生動物だもんなー。そういうこともあるのかな~。
(でも、それが分かってるんだったら、乗る前から、というか予約する時に言ってくれりゃーいいのに。
ま、それでもちょっとの可能性を信じて乗船してたとは思うけど。)

うちの船の船頭兄ちゃんは他の船の人達と連絡を取りながら、イルカが多い所を求めてあっちへタンタンタン(船のモーターの音)、こっちへタンタンタン、とさまよってくれるけれど努力は報われず。

そのかわり、連絡を取り合っていた船のうち一隻は、同業者じゃなくてバケーション中に個人で船を借りている女性だと分かったらいきなりナンパしてた。
仕事中に女の子釣るなよ~。
ま、いいけど。

結局、他の船の人達もイルカと泳ぐのは諦めると言って帰って行き、私達も、船近くで泳ぐイルカ達を寂しく見つめながら消化不良のよーな気分のままトボトボ戻った。

さようならぁぁ。今回はご縁が無かったようで・・・。

取り合えず残り一日半、もう一度イルカツアーに挑戦するか、またのお楽しみにしてキーウェストで遊ぶか決めないと。
スポンサーサイト
2005-11-28(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

HK

Author:HK
夫婦二人のサンフランシスコ生活にピリオドを打ち、郊外に移住。
ようやく授かった第一子レオ(Leo)との忙しい日々の記録。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。