スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

産まれた!

赤ちゃんが産まれた!

昨日の昼前、陣痛が始まりあの嵐の中を病院へと向かったらしい。
彼女の鍼の先生でもあるYさんから「産まれた」と3時頃に連絡を戴いた。

朝、ちょうど彼女の夢を見て起きたら「もう産まれる」との電話。テレパシーだ。

でも、Yさんの旦那さまの夢はもっともーっと凄かった。
「今日、11時25分に産まれる」という夢を見たそうで、その辺りの時間に病院に向かっていたらしい。
そして、病院について2時間半ほどで産まれたと。

結局“出産日当ての賭け”は新パパが勝った。
申し合わせたか、さすがに血の繋がりは強い。
生まれたての赤ちゃん、早速初の(?)親孝行だね。
私も新ママのお腹に「15日に出ておいで~」ってこっそり呼びかけてたんだけどねぇ。

Yさんと一緒に病院に彼女に会いに行ったら、産んでからまだ一日も経ってないとは思えない程に元気な彼女。
初産だけど落ち着いてるし。
手足は長く、顔立ちもはっきりした可愛い~女の子。
写真を載せたいけど、あまりにも可愛いくて誘拐されたら困るから我慢。

その時看護婦さんが新ママにランチを運んできて、突然Yさんが「あれ?」と看護婦さんに声をかけた。
なんと、知り合いだと!

この病院で働いているとは知らなかったそうだ。
それにしても、ロビーや廊下で会うならまだしも、部屋の中で会うとは。

ゲスト用ランチは含まれてるから、好きなものを頼んじゃいなさいな、と勧めてくれ、突然のお祝いランチパーティーとなった。
しかもゲスト用は一人分しか頼めないのに、もう一品「今作らせた」と持ってきてくださった。
帰る時には廊下で、お土産、とクッキーに* Peet's の美味しいコーヒーまで戴いた。
彼女はここの料理は美味しいし、午後はクッキーとPeet’sのコーヒーが出るし、極楽よ~と仰っていた。

本当に、病院にしては珍しく(?)料理が美味しい。
妊娠したらこの病院がいいかも。

元気に産まれてくれて良かった♪すくすくと元気いっぱいに育ちますように。

* Peet's Coffee and Tea: Alfred Peet という人が1966年にかCaliforniaの Berkeleyで始めたコーヒーショップチェーン。ライバルの(?)Starbucksと同じく、SFベイエリアに沢山店舗を出している。私の周りではStarbucksよりも大分人気がある。
スポンサーサイト
2005-12-19(Mon)
 
新着からきました♪
新着からきましたぁTBさせて貰いました。
[クリスマスまであと四日・・・]  2005-12-23 10:24

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

HK

Author:HK
夫婦二人のサンフランシスコ生活にピリオドを打ち、郊外に移住。
ようやく授かった第一子レオ(Leo)との忙しい日々の記録。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。