スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

ホームパーティーでカラオケ?

イーストベイの友人宅でパーティー。
料理上手な彼女は一人で大勢にサラダ、アピタイザー、メイン、デザート・・・と何品もご馳走してくれた。
育ち盛りの男の子が3人いるから大量の食事を作るのにも慣れてる。

今回Tatsuは子供を除くと男一人。
この状況はよくあることだから彼は慣れてるけど(^◇^)。

パーティーのオンライン招待状Evite(イベント企画者がこのオンライン招待状を作り招待客にe-mailすると、全員がその招待状のウェブページが見られ、それぞれの返事コメントも全員が見られる。)がTatsuと私それぞれに届き、なかなか返事を書かなかったTatsuが数日後、唐突に「俺の代わりに返事したんだね?」と。

何のこっちゃ?本人としてアクセスしない限り返事を書けないと思ってたけど。

「自分の分だけ返事したよ。二人とも別々に招待状を貰ってるから、それぞれで返事をしないと。」

だって俺の返事もう書いてあるよ。

??は~ん???

招待状ページにアクセスしてみると、Tatsuの返事の部分に“I have to go because my wife told me to. And, I will be surrounded by girls!”
(妻が参加しろって言ってるから参加しないと。女の子達に囲まれて男一人だ!)って書いてある。ヾ(^0^)/″
悪戯書きをした同僚、いつもの我が家のパターンをよくご存知で。

それはさて置き、パーティーは話し好きな女性群で大いに盛り上がり(Tatsuもしっかり仲間入り)、更には予想外にも友達が持ってきたカラオケで盛り上がる。

アメリカでも映画やテレビにカラオケシーンがあったりするけど、どちらかと言うと「ちっとダサい」扱いをされてるかと思ってた。(ピアノの合わせて歌うならOK)
アメリカのホームパーティーでカラオケが盛り上がるなんて。(しかもバリバリのティーンエイジャー男子まで)
なーんだ、結構みんな好きなんじゃん。

始めは皆、遠くで話をしながら誰かが歌うのを聞いていただけだが、子供達も参加してだんだんと沸きあがり午後2時ごろから遊んでいるのにいつの間にか10時過ぎ。

子供達も*アメリカン・アイドルの司会者の真似をしながら大人達と一緒に古い歌も歌って楽しんでた。
小学生の子も70年代・80年代の歌を知ってるなんて結構びっくりだなぁ。

カラオケに参加してなかった恥ずかしがりの子が、皆が帰った後に1時間くらいマイクを離さず歌いまくっていたらしい。
かわいい!(〃⌒―⌒〃)。


*American Idol:昔の日本の「スター誕生!」のように、ポップスターを目指す一般公募の若者達(?)が競い、ジャッジの審査後、視聴者投票によって毎週勝ち残る候補者が決まり、最後の勝者がデビューするという超人気のリアリティーショー。
初回:2002年6月11日
スポンサーサイト
2005-12-17(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

HK

Author:HK
夫婦二人のサンフランシスコ生活にピリオドを打ち、郊外に移住。
ようやく授かった第一子レオ(Leo)との忙しい日々の記録。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。